ミノキシジル誘導体配合のオススメ育毛剤

巷には様々な育毛剤が溢れていますが、成分をよく見てみると「医学的に育毛効果が高い」とされる成分が含まれていないものが多く、

そうした育毛剤で発毛効果を期待できるかどうかは甚だ疑問な部分があります。

 

ちなみに「医学的に薄毛治療に用いられる」のは「ミノキシジル」「フィナステリド」という2つの成分。

発毛・育毛専門のクリニックのサイトを見ると、以下のように「薄毛治療のガイドラインで評価されている」旨が記載されています。

フィナステリドとミノキシジルは、ともに日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの評価です。それぞれ単体として使用しても治療に用いられますが、2種類を併用して治療を行うこともあります。

出典: www.kato-aga-clinic.com

 

しかし、そんなミノキシジルやフィナステリドには同時に「副作用が強い成分」としても知られているため、自己判断で取り入れるのはやめておくべきともされています。

ミノキシジル内服を使用する場合、専門の医療機関で管理をしたうえで使用してください。ミノキシジルには血管を拡張させる薬事作用があります。結果として、塩類と水を体内に貯留させるため心不全の原因となる可能性があります。また心拍を上げる作用があるため、このような問題を避けるために、当院では利尿剤や心拍数を下げたり、降圧剤としての作用もあるβブロッカーを併用することがあります。

出典: www.kato-aga-clinic.com

 

そんな中、「ミノキシジルと似た成分でありながらミノキシジルのような副作用がほとんどない」とされる成分があります。

それがピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)という成分です。

 

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)とは?

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)とは「ミノキシジルと似た働きを持ちながら、ミノキシジルと違って副作用のリスクがほとんどない」とされる成分。

 

ミノキシジルは基本的に医療機関で取り扱われるものですが、

ピディオキシジルはヘアサロンなどでも取り入れられている「美容・化粧品の領域」の成分となっています。

 

ピディオキシジルはミノキシジルと非常に似た分子構造を持っており、

成分の元々の性質を変えない程度に分子の配列を変えて作られた成分です。

【画像引用元:https://www.patience.co.jp/kopyrrol】

 

ピディオキシジルの具体的な効果としては、

・血管を拡張させることで血流を良くし、毛髪の育ちやすい頭皮に改善させる

・毛母の細胞分裂を活性化させ毛髪のヘアサイクルを正常化させる

といった効果が期待できるとされています。

 

ピディオキシジルが含まれたオススメの頭皮美容液

そんなミノキシジル誘導体が含まれている育毛剤としてオススメなのが、

SHEE+スカルプバイオリポセラムという頭皮美容液です。

 

・ミノキシジルのように副作用の強い成分を使いたくない

・AGA治療に行くのはめんどくさい

・とりあえず「美容液」や「化粧品」といった領域のものから使い始めたい

という人にオススメできます。

(もちろん美容液だからといって、100%副作用が出ないとは限りません。万が一皮膚に異常が生じたときは使用をすぐにやめるようにしましょう。)

 

「SHEE+スカルプバイオリポセラム」にはミノキシジル誘導体(ピディオキシジル)以外にも、

・ヒト脂肪幹細胞培養液

・BIO COMPLEX(細胞培地液アミノ酸&ビタミン)

・ペプチド(KGF/FGF/EGF)

・国産馬プラセンタエキス

・グリチルリチン酸ジカリウム

・トリコラシル

・コエンザイムQ10

・ヒアルロン酸

・パンテノール

といった主要成分が配合。

 

中でも注目すべきは「ヒト脂肪幹細胞培養液」という成分で、

皮膚生理学や再生医学の進歩により「頭皮の根本ケアを可能にする成分」として誕生した成分です。

 

また、SHEEに含まれているヒト幹細胞培養液は、日本の研究機関でも品質の検証がしっかりと行われているようです。

公式ページで成分の詳細や値段をチェック>>

 

 

タイトルとURLをコピーしました